ゴールド(黄金)カレー物語


おいしさと真面目に向き合って!

年々、全国的に有名度が増す金沢カレー。ゴールドカレーでは、その金沢カレーの従来のスタイルを重んじつつも、ゴールドカレーオリジナルのスタイル、より美味しくコクのある味わいを求め、日々研究と努力を続けています。

もちろん、カレーのトッピングもたんなる添え物のカツやフライなどでは無く、単品としても十分おいしい物を提供したいと考えています。特に女性・高齢者にも口当たり良く召し上がっていただけるミルフィーユカツのカツカレーや、ふわふわとろとろのオムカレーなど、豊富なメニュー中から、きっとお気に入りのメニューが見つかるでしょう。

四季の豊かな石川県、2011年に日本初の『世界農業遺産』に選ばれた能登半島の里山里海。地産地消を考え、その豊かな自然が育んだ、能登豚・能登産の卵などのメニュー。 ゴールドカレーでしか味わえない、まぼろしと言われる希少品種の河北潟ポークのカツ・テキなどをお勧めしています。

カレーに加えるとろみは、加賀野菜で金沢特産の五郎島金時と言うサツマイモを使っています。独特の甘みと食物繊維がたっぷり入ったとてもおいしいサツマイモです。また、色々なお客様に合わせて、ボリュームにも気を使いSSサイズからLサイズまで取り揃えています。

真面目にカレーに取り組んで5年、今日よりもおいしい明日への取り組みは今も続いています。多くのチェーン店が、合理化と言う名のもとに簡略化・簡素化を進める中であってゴールドカレーは時代に逆行しても、今の姿勢を続けます。本当においしい物は手間がかかる!店舗数が増えても、この事だけは変えません。